**韓国の風 한국의 바람 **

韓国への旅行・ドラマ・映画・OST等を通して 韓国の風を楽しんでいます~^^*
091234567891011121314151617181920212223242526272829303111

*韓国民俗村のいろいろなお家*


この落ち葉の季節が民俗村を惹きたてています~

    *里の秋~*



お家の片隅にはとうがらしなどが
干してあったり~生活感が伝わってきます~

   *とうがらしが干してありますよ~*



秋を感じる風景ですよね~

   *南部地方の農家*



この農家は占い屋さんのようです~

    *お隣は占い屋さん~*

若いふたりが占ってもらってましたよ~未来があるっていいですね~

    *占ってもらっているふたり*



山村部落のお家です~

    *生活しているようでしょ~*



    *山村部落のお家*
 



   *100年以上前のお家を移築したらしいです~*




貴族「両班(ヤンバン)」のお屋敷の入り口の門です~

    *両班の家*

    *両班のお屋敷の子どもたち*



市場(ジャント)では
飲食店、工芸品店、工房などが立ち並んで賑やかです。
真鍮細工など手の込んだ工芸品や ビビンバやカルグッスなど約30種類の韓国料理を
味わうことができますよ~

キセルを作って売ってます~      お店の人もその時代の衣装を着ていますよ~

    *工房通りのお店~*           *市場で働いてます~*


この民俗村はほんとうにこの時代に戻ったかのような錯覚さえ感じますよ~
ここに住んでいるかのように~住居も人も昔のままです~
お掃除をしたりお洗濯物が干してあったり~畑を耕し植物や野菜を作り~
食物を備蓄のために干してあり~家畜も飼い~
衣食住もすべて感じられる場所です~

すべてその時代なのでドラマのロケには最適ですよね~









*ランキングに参加しています~クリック嬉しいです~(*'-'*)*
*クリックをお願いしますね~^^*FC2 Blog Ranking
【 2009/11/21 (Sat) 】 **韓国の旅・2009年10月** | TB(0) | CM(2)

*韓国民俗村の官衙(クァンア)*


朝鮮時代に地方行政の担当者たちが集まり
公務を行っていた官庁「官衙(クァンア)」の入り口~

  *一枝梅のロケをした門~*
↑一枝梅のロケ地~

この建物はドラマや映画に使用されたようですよ~    
ドラマでは  海神(ヘシン)해신 黄真伊(ファン・ジニ)황진이 大長今(テ・ジャングム)대장금 
映画では   刑事(ヒョンサ)형사 黄真伊(ファン・ジニ)황진이      
この他に「一枝梅」や   民族村の一番奥の方にあるドラマのオープンセットでも
「王と私」など撮影されたようです~

          *官邸の一角としてロケをされた場所~*         *撮影した映画ドラマ名が掲載~*



    *官庁の門*    *一枝梅でもロケで使われた場所~*    *公務中*


罪人でない人が罪人扱いされての強要拷問はドラマでも胸が痛い~
  *罪人を取り調べた場所~あの椅子に座らされて自白強要されてたよね~*


                    罪人を裁くために使われていたという建物
    *官庁の隣の寂しい通路のお隣は~~*    *牢獄でした~*    *はり付けさせられた棒~*    
この牢獄は実際に使われていた建物をそのまま移築したものだそうです~

ひとりではちょっと怖くて入れないです~

    *この棒に繋がれたりしたんですね~*    *胸が詰まる~この光景*    *罪人にとして牢獄に入っている人たち~*



*ランキングに参加しています~クリック嬉しいです~(*'-'*)*
*クリックをお願いしますね~^^*FC2 Blog Ranking




【 2009/11/20 (Fri) 】 **韓国の旅・2009年10月** | TB(0) | CM(0)

*韓国民俗村の韓薬房(漢方薬局)*


韓医学は

朝鮮半島で独自的に発展した陰陽五行説を土台とした医術です。

韓薬房(漢方薬局)は、韓医学に基づいて診察を行ったり

韓薬とよばれる薬を調合していた場所です。

*漢薬房*


診察室の中ですよ~
    *診察室の中*    *漢薬が詰まってます~*     *漢薬~干してます~*


*チャングムでもこの光景見ましたよね~*


韓薬房(漢方薬局)の周辺には、高麗人参をはじめ韓薬の代表的な薬剤も
実際に栽培されています。

*実際に栽培していますよ~*


韓薬房(漢方薬局)のお店です~

*漢方~実際に作って売ってます~*

*チャングムのロケ地ですって~*



チャングムで観た医療の道を思い出しましたよ~

遠い昔から人の命を守る医学が継承されて

現在があるんですね~

この時代から韓薬が研究され処方されて

病を救っていたんですね~





サムネイル写真はクリックで拡大されます。





*ランキング~拍手~クリック嬉しいです~(*'-'*)*
参考になった~とか面白かった~などなど~という方は
ランキング~拍手~クリックしてね~^^*
*クリックをお願いしますね~^^*FC2 Blog Ranking




【 2009/11/19 (Thu) 】 **韓国の旅・2009年10月** | TB(0) | CM(0)

*韓国民俗村の伝統家屋*


韓国民俗村に足を踏み入れると

秋いっぱいの広場~
     *おみくじを結んでるよ~*    *さぁ~ここから村内に入ります~*    *村内にも秋がやってきてます*

村内を進むとその時代にタイムスリップ~ 
  *秋の風景が村内を引き立てています~*
  
      *お隣のお家との堺の塀~*    *北部だったか南部だったかの民家*    *屋根もいろいろ~*   


時代劇の一枝梅のロケをしたお家~
  *一枝梅のロケをしたお家だって~*

      *生活の知恵が見れる~*    *一枝梅のロケしたお家の台所~*    *おじさんがお家の中で木綿織りをしてましたよ~*    


      *お隣のお家を覗くと~このお家には女の人が住んでますよ~*    *お花や野菜もちゃんと作ってますよ~*    お家の間を通る小道*

   *どのお家にもあるんですね~*

   *飴売りのおじさん*    *畑もあって生活を感じるよね~*    *本物の家畜もいるんですよ~*   

   *実際に薪割りのお仕事をしているんだよ~*        *お屋敷に住む子ども~*        *お屋敷の奥様*


    *風通しのいい南部地方の家*    *カメって大切なんですね~*    *カメの多さで住人数が分かるのかな*

    *南部地方の中農家~竹工房*    *竹工房~実際に作って売ってます*    *生活が垣間見れます*


    *朝鮮時代にタイムスリップ*
 

   *木で何か作ってましたよ~*    *秋のこみち*    *チャングムたちが味噌の味が変化した理由を探りに訪れた場所で使われた所~*

   *本当に住んでいるかのよう~*
 
  *農家です~*

民俗村内には、伝統工芸品の製作過程を見学できる工房もたくさんあり
そのお家で住みながらお仕事をしているかのように
設定してあるんです~。


南部地方のお家は風通し良く建てられて
縁側があり床の下には隙間が設けられています。



北部地方のお家は間取りが狭いのが特徴で
冷たい風が入ってこないように部屋を配置したり
全室にオンドルを設置して保温効果を高めるなど
寒さの厳しい地方ならではの生活の知恵が現れています。。
   *床暖房~*




サムネイル写真はクリックで大きくなります。




*クリック嬉しいです~(*'-'*)*
参考になった~とか面白かった~などなど~という方は
ランキング~拍手~クリックしてね~^^*
*クリックをお願いしますね~^^*FC2 Blog Ranking




【 2009/11/18 (Wed) 】 **韓国の旅・2009年10月** | TB(0) | CM(0)

*韓国民俗村は~*


韓国民俗村は ソウルのお隣、京畿道(キョンギド)龍仁(ヨンイン)市にあり
約20万坪の広大な敷地に造られた野外博物館(入場料12,000W)で
敷地内にはのどかな農村の情景が再現され
朝鮮半島に古くから息づく生活様式や伝統文化などを実感できて
昔の韓国にタイムスリップしたようです
歴史ドラマに出演しているような~気分に浸れちゃう~



村内の家屋には
実際にお家の人が住んでいるように造られて
家畜もいたり
畑も実際に作っていたり~
工房を開いていたり~
お洗濯も干してあり
造られたというより~実際の農村を歩いているようです~


村内に入ると
手配書のお知らせが貼ってあったり~
入ってすぐに醤油や味噌を作ってあるカメが並んでます~
ロケ地としても使われるんですね~
    *張り紙~^^**    *ドラマでよく見たよね~この光景*    *村内を使ってロケをしたドラマや映画を紹介しています*


韓国民俗村へは
鉄道で
1.ソウル駅などから国鉄や地下鉄1号線天安(チョナン、Cheonan)行きに乗り
  水原(スウォン、Suwon)駅で下車します(国鉄30分 地下鉄約1時間)
2.水原駅を降りて左に行ったところにある水原観光案内所から
  無料シャトルバスが出ています。(10時30分・12時30分・14時30分発)
  観光案内所でチケットをもらい乗車します(約30分)。
                      (帰り 民俗村発 12時 16時)

 
  (無料シャトルバスを使わないで路線バスでも行けますよ~
   観光案内所前の乗り場から路線バス(37番線)が出ています)

バスでも行けますよ(ソウルから)
1.地下鉄1・4号線ソウル駅(ソウルリョッ、SeoulStaion)から
  地下鉄1・4号線ソウル駅4番出口を出て約200m先にある停留所から
  慶煕大(キョンヒデ)行きの5500-1に乗り
  民俗村入口(ミンソッチョンイック)で下車。

行く前は楽しめる所なのかな~と期待薄だったけれど~
村内を回るうちにハマっちゃった~
嬉しくて~珍しくて~デジカメをカチャカチャ写しすぎて
半分回った頃に一番綺麗な風景だぁ~と感激して撮りたい時には
バッテリーが無くなっちゃって~
どん底に落ち込み~








*ランキングに参加しています~クリック嬉しいです~(*'-'*)*
*クリックをお願いしますね~^^*FC2 Blog Ranking

【 2009/11/17 (Tue) 】 **韓国の旅・2009年10月** | TB(0) | CM(0)

*シャトルバスで民族村まで*


水原華城(スウォンファソン)の南の入り口の

八達門(パルタルムン)の周りはロータリーになっていて

八達門(パルタルムン)の両側にバス停があるんです~

観光案内所側(西側)のバス停で

水原駅行きのバスを待ってました~

バス停には次から次へとバスが停まるんだけれど

駅を通過するバスはたくさんあるけれど

遠回りをする路線のバスは見過ごし

バス停でバス待ち~タイム

その間~

ドラマでよく見る風景が~

革製品に使用するクリームを

おじさんが売っているんですよ~

バス停のベンチで携帯を片手に座っておしゃべりしている

おばさんの靴を勝手に磨きだしました~

おばさんはおしゃべりしながら

足を引っ込めるんですが

足を引っ張って靴磨きを始めるんです~

もう片方の靴も引っ張ってきて

靴を磨くんですよ~

そのクリーナーを今度は

買ってくれと手に持たせちゃうんです~

おばさんは手を振って要らないってジェスチャーするんです~

結局携帯を切ったあと

お金を払ってました~


若くて可愛いお譲ちゃんが

バスを待ってます~

「このバスストップは駅に行くバスが通りますか?」

と身振り手振り幼い韓国語と地図を片手に訊いたら

首を縦に振ってくれました。

そのお譲ちゃんにも寄ってきて

カバンにクリームを塗ろうとするんです~

要らないって手を振って表現するんですけれど

しつこく繰り返します~

お譲ちゃんが困っているうちに

やっとバスが来て

これだよという感じで教えてくれて一緒に乗り込みました~

バスが来てくれてホッとしたよね~


駅に着いた時も

ここですよという目で教えてくれました~

「감사합니다~コマスムニダ~」

とお礼を言って降りました~

もうすぐ12時30分です。

慌てて小走りで朝尋ねた駅前の水原観光案内所へ~

これから韓国民俗村へ行きます~

韓国民俗村へも行きたくて

城壁の1周も華城列車も諦めたんです~

この韓国民俗村へは

市営バスの37番に乗って(30分くらい)行くんですが・・・


この水原観光案内所で韓国民俗村のチケットを購入すると

シャトルバス(無料)で民俗村まで送迎してくれます~

このシャトルバスの発車時刻が12時30分なんです。

1日に10時30分・12時30分・14時30分と3回出ているようです。

時刻が合えばこのシャトルバスを利用すると便利ですよね~

帰りも水原観光案内所まで無料で送ってくれます。
          (民俗村発車時刻 12時 16時)

間にあいましたよ~

20分くらいで韓国民俗村に着きました~

       *民俗村の入り口の前にあるお土産屋さん*








*ランキングに参加しています~クリック嬉しいです~(*'-'*)*
*クリックをお願いしますね~^^*FC2 Blog Ranking

【 2009/11/14 (Sat) 】 **韓国の旅・2009年10月** | TB(0) | CM(0)

*水原華城・西将台*


華城行宮(ファソンヘングン)を見学し
門の外に出ると
可愛い園児たちが~*可愛いね~^^**イベントに出るのかな~?

華城行宮(ファソンヘングン)の後方には八達山が見え
頂上にある西将台(ソジャンデ) の
白い旗(西をあらわす)がなびいているのが遠くに見えます。
華城行宮(ファソンヘングン)のお隣の駐車場の奥から
西将台(ソジャンデ) に登れるようです~
西将台(ソジャンデ)は華城の南の入り口となる「八達門(パルタルムン)」から
階段を上り城壁を散策しながら西将台(ソジャンデ) にも行けるのですが~
わざわざ八達門(パルタルムン)」まで戻ることなく
ここから西将台(ソジャンデ)を目指すことにしました。

    *ここを上っていきます~*    *疲れちゃいました~~^^;*    *緩い階段って思うでしょ~?* 
この階段~緩そうに見えるけれど 結構大変 
   *これだけ上っただけなのに~^^;*
これだけ上っただけなのにもう息が~~

途中の大きな通りに出ましたよ~
    *華城列車が通る大きな通り~*
この通りを華城列車が通り停車場もこのそばにあります。

この通りを横断しまだ続く階段を上がっていきます~
普段歩きなれていないからもう足ががくがく~
学生たちの集団は元気良く上って行きます~

さぁ~ファイトッ!
       *もう足が出ないんですけれど~^^;*    *あと少し~~~*    *秋の階段~*
秋を満喫しながら上っていくと~
西将台(ソジャンデ) の黄色い旗が見えて~えっ何故黄色?
旗の色は北は黒、南は赤、東は青、西は白、というように色によって
現在地の方角を表しています。
華城(ファソン)の中心に位置する華城行宮(ファソンヘングン)には
黄色の旗が立てられているそうですから
この旗は華城行宮(ファソンヘングン)がこの下にあるという印の旗なのかな
    *行宮を表す黄色い旗が~?*    *西将台(総指揮場)*
水原華城(スウォンファソン)の中でもっとも高い位置にあり
「華城将台」とも言われる西将台(ソジャンデ)は
四方を見下ろしながら総指揮を下すことが出来るため、軍の重要拠点とされました。
水原華城(スウォンファソン)の象徴ともいうべき存在です~


西将台(ソジャンデ)にある「弩台(ノデ)」という施設↓~これは
弩(射撃用武器)で撃つための台です。
弩は2本3本の矢を一気に撃つことができます
西弩台(ソノデ)に上ると城の西側を見下ろせるので
城外の敵の動きを味方に告げる機能もあったようです。
(*弩台*

水原華城(スウォンファソン)全体を見渡せます~
城壁に沿って散策する人々も見えますよ~
    *華城の街~*    *水原は大きな街ですね~*    *西将台から望める華城行宮*
    *高層マンションが立ち並ぶ~*    *城壁を散策しながら街を回ります~*    *ずっと続く城壁*

人口100万人を超える京畿道庁の所在地である水原の街を
囲むようにして城壁が構築されてます。 

この急な階段を下りていくと華西門へ続き~
城壁を散策しながら1周できるんですが~~~
時間の都合とこの階段を下りる力もなくて~     逆方向の西舗桜へちょっと散策~
    *この階段を下りて華西門へ~*    *西舗桜へ~*    *城壁が続きますよ~*    

*西将台へ続く城壁~*

この城壁を歩いていくとチケット発券所があります~
華城城壁伝いにチケット発券所が5箇所ほどあり
一箇所で購入すれば後はチケットを見せるだけで通過出来るそうです~
チケットは1000Wでこの資金は華城の整備に当てているそうです~
韓国の方はこの発券所を通らないで毎日の散歩をしているようです~
城壁の傍にある小さな公園では運動をしている地元の方も~
きっと毎日のことなので顔パス?なんでしょうね~

ここでチケットを買って西将台(ソジャンデ)方面に向かう方が多いのですが
西将台の真下の階段で上がってきてるので
まだチケット発券所を通過していないわけです~
発券所を見るのは初めてなので~
ここは何の発券所かと~
鐘を突くのに料金が要るからそのチケットなのかなと
迷っていたら声を掛けられて
1000W払いなさいと請求されちゃいました~


孝園の鐘は 家庭と国の平安を祈願するために造られ
願い事をしながら3回鐘を打つと願いが叶うそうですよ~

    *孝園の鐘*    *世界文化遺産記念石碑*    

この近くの観光案内所でお手洗いを借りて~
そういえばここのお手洗いも
駅前の観光案内所や宗廟 (チョンミョ)も どこも鍵の壊れたお手洗いが多くて
細かいことを気にしないというお国柄なのかしらね~

ほんとうはもう少し散策したいんだけれど
ここからまた華城行宮を向けて下ることにしたんです~

城壁沿いに下れば八達門(パルタルムン)に行けたのにね~
華城行宮(ファソンヘングン)へ下る道がなだらかそうだったので~~
楽な道に足が向いてました~
それとこの下の道路に出れば華城列車の停車場があったはず~
1周歩くことが出来なくても
列車で半周すれば華城の雰囲気をもっと味わえる~と
秋を感じながら下りていきました~
    *落ち葉の模様が美しいです~*    *秋のベンチ~*    *かさこそと秋を感じる道路~*

列車が通る道路に着いた時はちょうどお昼頃~
しっかりお昼休みの時間に入っていて発券所はお休み時間
列車は1時間後しか通らないので
またここから行宮まで下りて
街の中を散策しながら八達門(パルタルムン)のバス停まで歩きましたよ~
次回来ることが出来たら絶対1周してたくさんの門を見てみたい~
     *歩道に記されている水原の市のマーク*
城壁で囲まれた華城行宮(ファソンヘングン)を
市のマークにしているんですね~おしゃれ~



サムネイル写真はクリックで大きくなります。


*ランキングに参加しています~クリック嬉しいです~(*'-'*)*
*クリックをお願いしますね~^^*FC2 Blog Ranking

【 2009/11/13 (Fri) 】 **韓国の旅・2009年10月** | TB(0) | CM(0)

*チャングムのロケ地「華城行宮」*


入場券(1500W)を買って「華城行宮」へ~
入り口や新豊樓(シンプンル) を通ると
「大長今」のパネルなどが~~迎えてくれますよ~
           *チャングムのロケ地~*

この左翊門をくぐると              
       *左翊門* 
奉壽堂(ボンスダン) が見えますよ~
この奉壽堂(ボンスダン) は華城行宮の正堂で宴など行われました~
    *奉寿堂へ続く~*     **宴の様子の模型*
この奉壽堂(ボンスダン) の左の建物が景龍館(ギョンリョングァン) の前で
(ちょっと切れちゃってますが)~チャングムが医女試験を受けるために集合する庭へ
入るシーンの(32話)撮影場所です~

奉壽堂(ボンスダン) の奥(隣)に)が続いています~
この長楽堂(ジャンラッダン)は華城行宮の寝殿ですが~ドラマでは
内医院の建物としてや内医院の様子や疫病の原因を聞くシーンや
チャングムとミン尚宮が話を交わしていたシーンなど(35話36話40話41話)を
撮影されたようです~
    *長楽堂(ジャンラッダン)でもロケされたそうです*    *長楽堂(ジャンラッダン)の部屋  *    *こんな狭いお部屋でロケしてたんだね~*

もうここまで来るとチャングム色で染まってます~
パネルでどの場所が撮影に使用されたか紹介してあります。
            *ちゃんとパネルで紹介してあるんですよ* 
    *洛南軒(ナッナムホン) *    *長楽堂(ジャンラッダン)*    *福内堂(ボッネダン) *

洛南軒(ナッナムホン)は医女修練生の居場所や
医女修練生たちが修練をするシーン(33話34話38話)等で
使われたようですが~残念~観て周るのをるのを忘れちゃった~


長楽堂(ジャンラッダン)に並んで建っている
福内堂(ボッネダン)は華城留守の家族が暮らしていたところだそうですが
ドラマでは女官訓練を受けるシーン(4話8話)や
料理競演のシーン(38話)の撮影場所なんですって~
    *幼少のチャングムが~*     *狭いんですよ~*    *内書庫として撮影されたようです*

ここを抜けると~         わぉ~~っ!ドラマに出てきた甕だ~よねっ!
    *ここでも撮影されてるんですね~*     *わぁ~~ッ!あの甕が並んでる~*    *チャングムが罰を与えられたシーンの撮影場所*


ここは幼いチャングムが甕を洗うシーンや退膳間(テソンカン)に黙って入って
罰を受けているシーンが撮影された場所です~
    *洗物をしていたシーンに出てきた井戸*    *ここで洗い物をしていたシーンが撮影されたんですって~*    *ドラマを思い出すよね~*

ドラマを思い出しちゃう~
    *シーンが思い出されますよね~*    *このシーンもね~*    *うんうん~このシーンもね~*

通路を抜けると維宅宅(ユヨテク)があります~
この維宅宅(ユヨテク)では女官の居場所で追い出されたチャングムが
退膳間(テソンカン)に行こうとするシーンが撮られたそうです。
    *狭い通りをドラマでは広く映ってますよね~*    *維宅宅(ユヨテク)への通り*    *維宅宅(ユヨテク)*
 
「華城行宮」は映画「王の男子」などのロケ地にもなっているそうですが
チャングム一色でした~
    *衣装が飾られていますよ*    *セットみたいですよね*    *イベントの時間まで練習をしてましたよ~*
  

「華城行宮」のほとんどの施設は
日本の植民地時代に無くなったそうですが(辛い過去です)
市民団体の積極的な復元運動によって1996年復元工事が始まり
華城行宮の一段階復元が完了し2003年10月一般に
公開されるようになったそうです。

↑写真はクリックすると大きく見れます^^*
 

*ランキングに参加しています~クリック嬉しいです~(*'-'*)*
*クリックをお願いしますね~^^*FC2 Blog Ranking

【 2009/11/12 (Thu) 】 **韓国の旅・2009年10月** | TB(0) | CM(0)

*水原華城(スウォンファソン)の入り口八達門(パルタルムン)*


水原華城(スウォンファソン)の南の入り口となる「八達門(パルタルムン)」
わぉ~~っ!韓国の歴史ドラマを思い出しちゃいましたよ~
*時代を感じる門~*

この↑大きな門が
バスの前方に見えてきます。
     *見えきました~*

八達門(パルタルムン)の横のバスストップで降りて
              *バスストップ*
降りると八達門(パルタルムン)の横が見れます~
                       *八達門(パルタルムン)を横から見ると~*

歴史を感じます~
*重みがあるよね~*

華城(ファソン)は朝鮮の第22代の正祖大王が
李朝時代1794年1月に着工し1796年9月に完工。
築城の時は48個施設物があったんだけれど
市街地の造成や戦乱などによって一部は消滅され41個の施設物が現存。
華城(ファソン)の長さは5.7kmで
水原中心街を取り囲むように城壁が残っているんです。
城壁に沿って散策なんていいですよね~。
1997年に世界文化遺産に登録されているんですよ~


華城(ファソン)の入り口の八達門(パルタルムン)に立って~
さぁ~どのように見学しましょう~
5.7kmを城壁つたいにぐるっと散策したいところだけど
3時間はかかるらしいです~

龍の形をした華城列車(1500W)が一周していて
発着所が西と東に2箇所あるのでそれを利用しながら周ってもいいですよね~
それでもその乗り場までは歩かなくてはいけないです~

八達門(パルタルムン)から右へ(東)とると市場がありそこを抜けると
水原川が流れ川沿いを散策してもいいし城壁を散策してもいいし
門や施設もたくさんあるようです~
観光案内所の方はこちらの方の景色が綺麗ですよと言ってました~
        *八達門市場~*        *市場~*
↑市場の奥のほうに東南角桜のような物が見えますよね~


八達門(パルタルムン)から時計回りに左(西)へとると
標高143mの八達山に続く城壁沿いの階段を登り
城壁を散策して行くと
城壁の最高地点の華城の軍事指揮本部(警備の兵士を指揮していた本部)の
西將台(ソチョンデ)があります。

西からでも東からでも1周できるわけですが
時間との兼ね合いから(この後にまだ行きたい所が)
城壁を周る前に
華城行宮(ファソンへングン)を見学しようと決めました~

華城行宮(ファソンへングン)は西將台(ソチョンデ)の真下辺りにあり
城壁で囲まれた中にあるんです~
*華城行宮(ファソンへングン)*
↑西將台(ソチョンデ)から見た華城行宮(ファソンへングン)

八達門(パルタルムン)から華城行宮まで歩いて
行きました~(10分かからないくらいかな?)

 * 行宮とは王が地方に行く際に臨時に宿泊した所や
  戦乱や休養、陵園参拜などのために地方に準備した
  臨時の住まいのことです。
  その用途により大きく3種類に分けられ
  ☆非常時(戦争など)の危急な事態を避けて国事を続けるために
  準備された行宮 (江華行宮、義州行宮など)
  ☆休養を目的に設置された行宮(温陽行宮)
  ☆王が地方の陵園に参拜する際に宿泊した行宮(まさに華城行宮) があります。


↑サムネイル写真はクリックすると大きく見れます。


*ランキングに参加しています~クリック嬉しいです~(*'-'*)*
*クリックをお願いしますね~^^*FC2 Blog Ranking



【 2009/11/10 (Tue) 】 **韓国の旅・2009年10月** | TB(0) | CM(2)

*水原(スウォン)へムグンファ号で*


2日目(10月30日)は

ちょっとお天気が怪しくて目覚めてから

テレビの天気予報ばかり気になる~

それも今日は水原(スウォン)へ行く予定でしたから~

水原(スウォン)を散策するのに雨では最悪ですもんね~

どうにかお天気はもちそうです~

水原(スウォン)はソウルから南へ約40km程の地点にある京畿道の道都~

世界遺産にも登録されている水原華城や水原カルビで有名なんですって~

この水原(スウォン)へ行くのに

地下鉄1号線を使用するかKORAIL(国鉄)で行くか迷いましたが

KORAIL(国鉄)で行くことにしました~←KORAIL(国鉄)初挑戦

地下鉄だと1号線でソウル駅から40分(急行)から
1時間(各駅停車)(どちらも1600W)かかります~

KORAIL(国鉄)は列車がセマウル号とムグンファ号と新しく出来たヌリロ号があり
どれも水原(スウォン)まで30分くらい
セマウル(4,700W)ムグンファ、ヌリロ(2,500W、立席・自由席 2,100w)で
なんといっても2,500Wで指定席なので安心して乗れます~
が~おおらかな韓国の方は指定席でも空いていれば座っちゃっているので
前に立つと慌てて席を立ってくれます

チケット売り場の場所や列車が満席の場合や
チケットを購入するのに手間取るといけないので
昨日地下鉄のソウル駅に着いた時に
併設されているお隣の国鉄のチケット売り場で水原(スウォン)へのチケットを
購入しておきました。
チケット売り場でスムーズに購入できるように
行く日や時刻・区間や列車名など英数字でメモしておいて
見せたらいいですよね~

チケットといってもレシートのような物~
     *チケット*


乗り遅れないようにホテルを出て地下鉄でソウル駅まで来て
お隣にある国鉄KORAILの列車ムグンファ号に乗ります~
8時10分頃の駅内~空いてましたよ~
     *ソウル駅は空いてました~*        *何番線から出るか確認しなくちゃね*

乗る前に~
 *マキアートをゲットして乗車*     *構内のお店*     *列車に持ち込もう*

5番線から出発します~
 *ホームに降ります*     *プラットホーム*     *ムグンファ号*

ちょっと日本と違うのが

チケットを見せたりの改札口がないんです~

チケットがなくても誰でも入れちゃう~

列車内が空いている内に撮りました~
 *列車内*     *フットレストが嬉しいね*     *のんびり行こう~* 

降りる時に列車にカフェ車輌があるのを発見~

すべてのセマウル・ムグンファ号に「走る列車カフェ」が

設置されているそうですよ~

特に2009年6月1日から運行を開始したヌリロ号は

2020年に廃止されるムグンファ号に代わるものとして登場したそうですが

車内は快適~身障者の方や赤ちゃんにも配慮された造りになっているそうですよ~

列車の旅もいいなって列車初体験の感想です~

「今日私の誕生日だよ~」とYちゃん

お祝いに列車の中で

~생일 축하합니다~
センイ  チュッカハmニダ

생일 축하합니다~
センイ  チュッカハmニダ

사랑하는 우리     
サランハヌン ウリ Yちゃん~

생일 축하합니다~
センイ  チュッカハmニダ

と(↑合っているかな~?)歌ってあげました~

水原(スウォン)に着きましたよ~
  *到着~*       *降りた列車*
と~ここでも駅員さんが居ない改札を通るので

チケットは備え付けの箱にポイと入れるだけ~

記念にチケットを持って帰ることも出来ちゃいますよね~


水原(スウォン)駅は 複合の施設になっていて
デパートも入っている大きな駅です~
駅内も駅前も凄い混んでいますよ~

改札を出て右に行くと駅前に出ます~

駅を出たら左にずっと進むと左に「観光案内所」があります~
         *水原観光案内所*

ここには日本語のできる方が数人にいらっしゃるので頼りになりますよ~

ここで華城の南の入り口となる「八達門(パルタルムン)」へ

行くバスについて質問すると

何番のバスに乗りなさいとメモを渡してくれて

水原(スウォン)街の日本語のパンフレットや

華城の行き方も教えてくれます~←強い味方ですね~

今回は路線バスで八達門(パルタルムン)まで乗っていったんだけれど

この観光案内所発のシティツアーバスが1日2回(10時と14時発)(11000W)が
出ていて城壁の周りや華西門や長安門を通り華城行宮や
KBS水原センターの見学や
ワールドカップ競技場を通ってくれるそうです~
時刻が合えばこれで周ってもいいですよね~


路線バスに乗ってしばらくし

バスが左に大きく曲がると

目の前に大きな門が目に入ってきます~

もしや~あれが八達門(パルタルムン)


バスを降りないと~~



*ランキングに参加しています~クリック嬉しいです~(*'-'*)*
*クリックをお願いしますね~^^*FC2 Blog Ranking

【 2009/11/09 (Mon) 】 **韓国の旅・2009年10月** | TB(0) | CM(0)

*ロッテマート*


2009年10月29日夕方
(韓国と日本は時差はないんだけど
韓国の方が1時間日の出が遅いので
日の暮れが1時間遅いと得した気分になっちゃう)

新村(シンチョン)の「トントンテジ(통통돼지)」で

サムギョプサルを堪能した後

地下鉄を乗り継いでソウル駅のお隣のロッテマートへ~

ロッテマートは韓国の方にしてはちょっとお高めのマートらしくて

韓国の方はあまり利用しないとか~って聞いたけれど

結構地元の方も多くて賑わってますよ~


韓国に来るたびに寄るロッテマート  ソウル駅店

ソウル駅のお隣で交通の便がいいです~

そして何でも揃っているのもいいですよね~

ロッテマートには韓国のコスメ

「THE FACE SHOP」「IOPE」「innisfree」が入っていて

TAX REFUND(事後免税制度)の窓口も設けてあるので

ここで申告もできちゃうんですよ~
(後で空港の税関で付加価値税分の払い戻し(リファンド)を受けます)

そしていっぱい買っちゃって

ここから自宅に送りたいという方は

EMS(国際スピード郵便)の窓口もあって

利用すれば身軽でいいですよね~

↑ちなみに利用したことはないんです~いつも購入した品物を

準備しておいた袋に分け入れて持ち

地下鉄を利用しながらホテルまで帰ってます~

というような便利な点が多いロッテマート~

いっぱい買う時は入り口に並んでる

ショッピングカートを利用~使用料は100ウォンで

100ウォン玉を入れ右に押すと前のカートと繋がっている鎖が

外れて利用できます~カートを返すと100ウォン玉が戻ってきますよ~

大きなカートで通路は溢れていてカートに山盛り買ってる人も~

牛乳(우유)もbigでおまけもいっぱいくっついてて
            *大きすぎて買えないです~*
すべてがたくさんくっついてる~
                      *歯ブラシもたっくさん入っている~*
いつも買うヨーグルトも4個入りのカートンが
もうひとつくっついちゃってるよ~
            *おまけがくっついて倍になってる~*

日本語の表示がしてあるものもあるんだよ~
                      *日本語表示も~*

11月11日は (ッ)ペ(ッ)ペロデイ~と大きくコーナーが設けられて
チョコのお菓子がいっぱい並んでたんです~けど
            *(ッ)ペ(ッ)ペロデイ~*
ペペロデイって何の日なんだろうね~
  
お会計のレジでは

レジ前のベルトコンベアーのような台に

商品をカートや籠から出して載せちゃいます~

レジを通ったものを

素早くカートに入れて

カートを借りなかった時は袋等ににどんどん入れていきます~

韓国でもエコが進んでいて

ビニール袋はお金がかかりますよ~

なので前もって準備しておくといいですよね~  

慌てて入れた袋に商品はごちゃごちゃ~

なのでレジ後に備え付けてある台や

椅子に座って落ち着いて

商品を入れなおしましたよ~

何といってもその袋を提げて地下鉄に乗らないといけないんですから~~



ぐるぐる回って買い込んできた栗の牛乳と栗のヨーグルト~
                      *栗の牛乳~マシッソヨ~*

この牛乳4つとヨーグルト4つをチェックアウトの明後日までに

お腹に入れる予定~


*ランキングに参加しています~クリック嬉しいです~(*'-'*)*
*クリックをお願いしますね~^^*FC2 Blog Ranking
【 2009/11/07 (Sat) 】 **韓国の旅・2009年10月** | TB(0) | CM(2)

*サムギョプサルのトントンテジ*


着いた日(2009年10月29日)の夜は

サムギョプサル(豚バラ肉)を食べようと

地下鉄2号線でサムギョプサルで

有名な新村(シンチョン)まで(市庁駅から4つ目の駅)

出かけました~


新村(シンチョン)は

有名大学が集まっていて学生の街として知られているとおり

学生で凄い賑わってましたよ~

学生を掻き分けて~

目指すは「トントンテジ(통통돼지)」というお店~

地下鉄2号線新村(シンチョン・Sinchon)駅3番出口を出てまっすぐ行き、

「THE FACE SHOP」のあるスクランブル交差点を右へ

「セブンイレブン」の手前を右へとるとすぐ左側にあります~

豚のマスコットが描かれた黄色い看板が目立ちますよ~
*トントンデジ~*


床は砂利が敷いてあって~(ドラマで観たような~)

こじんまりしたお店で丸い小ぶりのテーブルが

7~8卓あったかな~?

2卓空いていたのですぐに座れました~
*こじんまりした店内*


臭いから守るためにバックや上着を備え付けの

ビニール袋に入れるんですよ~

おしゃれっていうお店ではなくて

学生に好かれている気軽に入れるお店という感じです~

お店の方は

日本語があまり出来ないようだけど

親切に食べ方などさりげなく教えてくださいますよ~

*分厚いお肉~*

サムギョプサルが焼けると

*美味しそう~*

お店の方が奥へ持っていって

食べやすい大きさに切ってきてくれます~

    *大盛り~*     *切り分けて持ってきてくれますよ~*    *包んで~*

醤油、きな粉、塩、ごま油の4種類のたれをつけて

サンチュやゴマの葉などで包んで食べます~

        *4種類のタレ~*            *大きなとうがらし~*

塩とごま油~すっごくおいしかったぁ~

きな粉も意外~マシッソヨ

お腹もいっぱいになった頃

小さな鍋にユッケジャン(牛肉のピリ辛スープ)が

運ばれてきます~

すっごい辛いけれど~マシッソヨ
*ちょっと辛いです~*

新村(シンチョン)まで来てよかったぁ~

帰りはソウル駅まで行ってロッテマートに寄ろうという予定で

さっさと新村(シンチョン)を後にしたけれど

新村(シンチョン)にも市場があるんだって~

次回は是非市場にも寄ってみたい~






*ランキングに参加しています~クリック嬉しいです~(*'-'*)*
*クリックをお願いしますね~^^*FC2 Blog Ranking

【 2009/11/05 (Thu) 】 **韓国の旅・2009年10月** | TB(0) | CM(4)
*ようこそ~(*'-'*)*

**nabana**

Author:**nabana**
****************

韓国への旅や
韓国のドラマを通して
初めて知った
韓国の街や言葉~
韓国を身近に感じています(*'-'*)

**nabana**菜花~^^*
*新しい記事φ(。。;)*
  • **韓国の旅・2009年10月**
2009年11月18日 (水)
*韓国民俗村の伝統家屋*
2009年11月17日 (火)
*韓国民俗村は~*
2009年11月13日 (金)
*水原華城・西将台*
2009年11月07日 (土)
*ロッテマート*
<< 前 次 >>
by AlphaWolfy
*category~*
*気になる商品*
*rankingに参加しています*
*月別アーカイブ*
*来てくださった方ありがとう*
*お気軽にまた来てくださいね*
*今来てくださっている方*
*ごゆっくりしてくださいね*
現在の閲覧者数:
*このページを変換します*

全記事表示リンク
*QRコード*
QRコード
**nabana**へのメール*
*ご連絡等どうぞφ(。。;)*

名前:
メール:
件名:
本文:

*検索フォーム*