**韓国の風 한국의 바람 **

韓国への旅行・ドラマ・映画・OST等を通して 韓国の風を楽しんでいます~^^*
0312345678910111213141516171819202122232425262728293005

*CNBLUE「アイドルバンドの悩みもたくさん…韓国を代表するバンドとして認められるよう最善を尽くす」*



2016-04-12cn.jpg
写真=FNCエンターテインメント

「“ジャンプ”が必要です」
CNBLUEが今回のカムバックで最も強調したキーワードは、
バンドとしての“跳躍”だった。
これまで上手くやってきたが、より大きな爆発力を備えるためには、
現状に満足することなく、より大きく翼を広げるべきだという。

4日、6thミニアルバム「Blueming」をリリースしたCNBLUE。
タイトル曲「こんなに可愛かったか(YOU'RE SO FINE)」がリリース直後、
主要音楽配信サイトで上位に入るなど、順調なスタートを知らせた。
残念ながら1位を総なめにすることはできなかったが、満足しているという。

「音楽配信チャートの順位も重要ですが、これほどであれば満足です。
もちろん成績が良ければさらに嬉しいですが、僕たちが自作曲で活動し、
今後もっと上手くできるような動機をもらえたように思います。
後悔のないアルバムなので、より頑張りたいです」(ジョン・ヨンファ)

2016-04-12cnb.jpg
CNBLUEには「ひとりぼっち(I'm a loner)」という高いハードルがある。
2010年にデビューしてから、約7年間着実に活動を続けているが、
デビュー曲「ひとりぼっち」を超えることは容易ではない状況だ。
「ひとりぼっち ひとりぼっち」という強いフック(目立って記憶されやすいフレーズ)は
今も韓国では流行語のように記憶されている。
そしてCNBLUEは自分たちのこのような心境と今後の覚悟を
新曲「Young Forever」に込めた。

「僕たちはデビューと同時に“大成功”しましたが、
その後は少しずつ前に進んでいます。
“大成功”という気持ちを知っているため、また“大成功”しないと成功したと感じることは
難しいんです。
実際、今考えて見ると以前よりはるかに成長したのですが、
それは考えずにより成功することを願っていました。
そのような思いのため、よりいい曲を作るべきだという強迫観念を抱いていました。
僕たちは自作曲で活動しているので、
自作曲で僕たちのヒット曲の記録を超えたいと思っています。
まだ収入は大丈夫ですが、どうすれば満足できるのかを
いつも念頭に入れて曲を作っています。
跳躍が必要です。『ひとりぼっち』よりも素晴らしいヒット曲を作りたいと思っています。
健在だと評価されたいです。
現在までバンドという形式で上手くやってきたと思っていますが、
バンドブームが来る時まで少しずつ跳躍していけば、
いい結果が出るでしょう?」(ジョン・ヨンファ)

「考えてみたら、以前より楽しむことができたはずなのに、
その“もう一度”のために思う存分楽しむことができなかったみたいです。
だから歌にそのような気持ちを込めたかったんです。
20代前半は辛い時期がありましたが、人々に共感してもらえなかったらどうしよう、
幼く見えたらどうしようなどという悩みがありました。
幸いにも20代後半になってから余裕が生まれました」(イ・ジョンヒョン)

2016-04-12cnbl.jpg
それにもかかわらず、まだCNBLUEに否定的な視線を向ける人たちもいる。
厳しい環境でどん底から成長したバンドではなく、
華やかなアイドルという点を指摘しているのだ。
しかし、それは事実ではない。
CNBLUEは紆余曲折を経て今の地位まで上がり、見えないところで努力を続けている。

「アイドルバンドなりの悩みがたくさんあります。
事務所とファンたち、そして自分たちを満足させるアルバムを
作らなければならないからです。
自分たちの思う通りに『この音楽をやるぞ!』ということはできません。
3拍子をすべて念頭に入れないと。
もちろん多くの人に広く知らせることができるという点はアイドルバンドとしての
メリットだと思いますが、辛い部分も多いです」(イ・ジョンシン)

「人間という存在が認められないと辛いと感じます。
なぜバンドはすべて厳しい環境におかれるべきという固定観念があるのでしょうか?
実は音楽というものは共感のために存在し、
人がどのように生きているのかを研究する職業じゃないですか。
だから僕たちは研究を続けて経験し、共感を受けようとします。
人から認められた時に幸せを感じます。
他の方々がやっている仕事も同じだと思います」(イ・ジョンヒョン)

「(ネットニュースの)コメント欄を見るととんでもない言葉がたくさんあります。
それを見るたびに僕たちのところに来て直接話してくれたらいいのにと思います。
まずコメントを見ると、僕たちのファンなのか、そうではないのかがすぐ分かります。
でもそのようなとんでもないコメントを除けば、みんな良い反応なんです。
ここ7年で悪質なネットユーザーたちと戦い続けてきましたが、
このように活動しているのを見ると僕たちの勝利だと思います。
僕はコメントを見る時、書き込まれた順番ではなく好感の高い順番で確認しますが、
個人情報が流出する可能性があるので“ハート”は押しません(笑)」(ジョン・ヨンファ)

2016-04-12cnblu.jpg
CNBLUEは後輩たちのロールモデルになりたいと語った。
そして常にトップの座を守るために仕事を広げ、研究し、悩んでいるとも付け加えた。
CNBLUEの後を継ぐバンドがたくさん誕生することを願っているが、
負けないという覚悟だ。
最近話題になっているJYPエンターテインメントのバンドDAY6に対する思いも明かした。

「彼らの成功を祈っています。ライブを見て『しっかりコンセプトが決まっているんだな』
と思いました。
DAY6が成功してバンドがたくさん誕生し、市場が多様化するといいですね。
彼らが歌う姿をデビュー時から探して見てみましたが、
ライブがとても上手でした。歌も良かったです。
一部の人は彼らが大手事務所で活動することに対して偏見を持つかも知れませんが、
ブレることなく好きな音楽をしながら一つになって、
最後まで良い歌を作ってほしいです」(カン・ミンヒョク)

「CNBLUEはトレンディーなバンドになりたいです。
トレンドに合わせて変化していくバンドでありたいんです。
それが一番いいと思います。
音楽的にもそうですが、素敵な兄貴たち、お兄ちゃんたちになりたいです。
韓国を代表するバンドといえば、CNBLUEが思い浮かぶように、
これからも最善を尽くします」(ジョン・ヨンファ)
2016-04-12cnblue.jpg

元記事配信日時 : 2016年04月05日11時53分 記者 : チョン・ウォン
**韓国の風**
*ランキングに参加しています~クリック嬉しいです~(*'-'*)*
*クリックをお願いしますね~^^*FC2 Blog Ranking *クリックをお願いしますね~^^*人気ブログランキングへ

スポンサーサイト



【 2016/04/12 (Tue) 】 *****CNBLUE | TB(-) | CM(0)

*CNBLUEのニューアルバムに対する2つ視線…記者&ファンが語る「Blueming」*


2016-04-12c.jpg
写真=FNCエンターテインメント

CNBLUEは絶えず変化を繰り返している。
今回リリースした6枚目のミニアルバム「Blueming」は、“CNBLUE”と
花が満開になるという意味の“Blooming”を組み合わせた言葉で、
新たに咲くCNBLUEの音楽世界を意味する。

個人活動や海外スケジュールなどにより、
韓国では約7ヶ月ぶりにカムバックすることになったが、
それだけにファンたちの待っていた時間が長く、期待が大きかった。
今回のアルバムについて、CNBLUEのファンと話をしてみた。

1. こんなに可愛かったか (YOU'RE SO FINE)
[作詞:ジョン・ヨンファ/作曲:ジョン・ヨンファ/
編曲:ジョン・ヨンファ、コ・ヨンジン、イ・サンホン]

ジョン・ヨンファが作詞・作曲だけでなく、編曲まで参加した。
ファンキーなビートとベースの上に、
華やかなブラスサウンドが加わった軽快なテンポのポップロック曲。
会話をするような歌詞と、短くも甘いジョン・ヨンファのナレーションで、
気持ちの良い春のメロディが完成した。
ずっと見ていても美しい女性を賞賛する曲で、
CNBLUEがリリースする甘くて軽快な春を感じることができる曲だ。



記者:暗くて陰気なバラードグループや、パフォーマンスに重点を置く
単純なアイドルにはできない音楽だろう。
CNBLUEだからこそ可能な音楽だ。春の雰囲気にもぴったりだ。
これまで悲しい別れの物語を主に歌ってきたCNBLUEが雰囲気をパッと変えたという点で、
彼らが常に休まず進化しているという事実を改めて感じさせる。

ファン:“春=CNBLUE”という公式を作ってもいいのではないだろうか、
という考えを慎重に提示したい。
もちろん曲を作ったジョン・ヨンファが、
春を狙って作った春のキャロルではないと語ったが、春によく似合う曲のようだ。
季節に喩えるなら春、人に喩えるならちょうど付き合い始めたばかりの
カップルたちの感性を感じることができる曲だ。
彼らのバンドパフォーマンスからも十分な曲にすることができるはずなのに、
ブラスサウンドを加えたことで曲が豊かで軽快な印象になった。
恋愛を始めたばかりの恋人たちにオススメしたい。
もしくは、恋愛感情が鈍くなっている人たちがいれば推薦したい。
この曲を聞いて恋愛をもう一度始めてみたらと。

2016-04-12cc.jpg

2. THE SEASONS
[作詞:イ・ジョンヒョン、キム・ジェヤン/作曲:イ・ジョンヒョン、キム・ジェヤン、パク・ヒョヌ/
編曲:キム・ジェヤン、パク・ヒョヌ]

リズミカルなギターの旋律とピアノのメロディで始まるイントロ部分が印象的だ。
恋人との出会いと別れを四季に喩えて表現し、
シャッフルリズムのアコースティックギターとシンプルな楽器構成で、
春の雰囲気にぴったりな軽快な曲だ。


記者:“春のキャロル”という評価がまさに合致する。
桜の花が見事な汝矣島(ヨイド)の道を歩くと、その雰囲気とぴったりなようだ。
恋人たちのロマンティックで愛らしい雰囲気を倍増させ、
独り身の人たちの孤独さをさらに大きくするようだ。
いつもそうだが、CNBLUEの自作曲は、聞くたびにその次を期待させる。
今回のイ・ジョンヒョンの自作曲もやはりそうだ。
この曲はシンガーソングライターイ・ジョンヒョンの活動をさらに首を長くして
待ちたくなる曲だと評価したい。
「CNBLUEのアルバムのために僕が譲った」というイ・ジョンヒョンは、
「僕のソロアルバムは世界的に作った」と冗談を言ったりもした。

ファン:ギターとボーカルの魅力が見事に表現されたレトロリズムの曲だ。
リズミカルに展開するギターのリズムが耳をずっと離れない。
最近のトレンドを見てみると、レトロが再び流行しているように、
音楽にもそのようなトレンドがよくにじみ出ているようだ。
叙情的な歌詞とメロディが印象的だ。

2016-04-12ccn.jpg

3. YOUNG FOREVER
[作詞:ジョン・ヨンファ/作曲:ジョン・ヨンファ/編曲:ジョン・ヨンファ、パク・ヒョヌ]

曲全体を導くスネアサウンドを中心に、
各楽器のリバースサウンドを加えて幻想的な雰囲気を表現した。
後半部に出てくるメンバーの合唱と共にブリットポップ(Britpop)的な構成で、
安らかながらも心温まる音楽を提供する。


記者:カン・ミンヒョクが最後までこの曲をタイトル曲に押したというが、
CNBLUEのカラーと心境がよく盛り込まれているという部分で、
タイトルに選ばれていても遜色なかっただろう。
若者たちの心を代弁する率直な歌詞が爽やかに迫ってくる。

ファン:短い言葉で表現するなら、共感と慰めであった。
韓国に生きる若者ならば感じることができる、
ある辛さが存在すると思うが、そのような若者たちにとって慰めになる歌であった。
「まだ幼くて、過ぎ行く過程であるだけ」という歌詞をじっくりと味わって、
自分自身をなだめることができる慰めの物語で、慰めのメロディだった。
だからずっと聞いていたくなるみたいな。

4. WITHOUT YOU
[作詞:イ・ジョンシン、キム・ジェヤン/作曲:イ・ジョンシン、ハン・スンフン/編曲:コ・ヨンジン]

かすかなメロディとストリング、ピアノの旋律が調和を成す。
別れの感情を込めた歌詞とともに、切ないバンドサウンドを提供する。


記者:イ・ジョンシンの自作曲という点で注目される。
「I can't go on without you」というリフレインが耳にずっと残っていて、
CNBLUEによく似合うロックバラードなので、
今後イ・ジョンシンがCNBLUEの自作曲を書くこともあるだろうと思った。
もともとタイトルが「いない人」になる可能性もあったが、
アルバムの印刷が早く始まったせいで白紙に終わったそうだが、その点が惜しい。

ファン:別れの悲しい感情を最大化させたいなら、この曲をオススメしたい。メ
ロディや歌詞からも別れの苦しみがにじみ出ている。
別れていない人にはそのような感情を感じさせ、
別れた人には別れの苦しみを最大化させる曲であるようだ。
メンバーであるイ・ジョンシンが初めて作曲した曲だが、
この曲を通じてグループの最年少というイメージがあったイ・ジョンシンが
感情的にかなり成熟しているという印象を受けた。
次のアルバムでもイ・ジョンシンの新しい曲が見られれば、
ファンとして期待されるようだ。

2016-04-12cnblu.jpg

5. STAY SOBER
[作詞:ジョン・ヨンファ、InnoVator/作曲:ジョン・ヨンファ/編曲:キム・ジェヤン、パク・ヒョヌ]

9枚目の日本シングル「WHITE」の収録曲であり、
愛する人が自分のことを覚えていてくれればという切ない思いが込められた曲だ。


記者:タイトルから「SOBER」を掲げているが、
全体的な曲の雰囲気はどこか寂しくて憂うつで、酒にどっぷり酔っている気持ちだ。
あたかもジョン・ヨンファが酒を飲んで、歌を歌っている気分というか。

ファン:CNBLUEのことが好きなファンならば、すでに聞いたことのある曲だ。
初めて聞いた時、とても新鮮だった記憶がある。
ヨーロッパのあるカフェで流れ出そうなエキゾチックな感性の曲だ。
ファンとして、専門家たちの音楽的な見解を持っているわけではないが、
「CNBLUEもこのような曲を書くことができるんだ、このような曲もよく似合うんだな」
ということを伝えてくれた。
また、CNBLUEをよく知らないファンに聞かせたい。
このように多様な魅力を持つ多才多能なアーティストだと。

元記事配信日時 : 2016年04月11日11時53分 記者 : チョン・ウォン

**韓国の風**
*ランキングに参加しています~クリック嬉しいです~(*'-'*)*
*クリックをお願いしますね~^^*FC2 Blog Ranking *クリックをお願いしますね~^^*人気ブログランキングへ

【 2016/04/12 (Tue) 】 *****CNBLUE軌跡CD | TB(-) | CM(0)

*ジョンシンがtweet*




シンバだああああああああ、僕の息子🤗🤗🤗🤗😍😍😍😍😍😍


**韓国の風**
*ランキングに参加しています~クリック嬉しいです~(*'-'*)*
*クリックをお願いしますね~^^*FC2 Blog Ranking *クリックをお願いしますね~^^*人気ブログランキングへ

【 2016/04/12 (Tue) 】 *****CNBLUEtweet | TB(-) | CM(0)

*ジョンシンがtweet*




いじめてないよ可愛くてたまらないの~



**韓国の風**
*ランキングに参加しています~クリック嬉しいです~(*'-'*)*
*クリックをお願いしますね~^^*FC2 Blog Ranking *クリックをお願いしますね~^^*人気ブログランキングへ

【 2016/04/12 (Tue) 】 *****CNBLUEtweet | TB(-) | CM(0)

*ミニョがtweet




先週撮った写真


**韓国の風**
*ランキングに参加しています~クリック嬉しいです~(*'-'*)*
*クリックをお願いしますね~^^*FC2 Blog Ranking *クリックをお願いしますね~^^*人気ブログランキングへ

【 2016/04/12 (Tue) 】 *****CNBLUEtweet | TB(-) | CM(0)

*ミニョがtweet



春の日ざし。. 日の暮れ。. 眠りに襲われる時間。.
運転する人。. 悩む人。.音楽を聴く人。.
何の考えもない人。.
すべてが一日一日流れ次第にもう 2016年 4月 12日夕方時間。.
帰って来ないことにも流したい時もあるので。.
流れなさい水流れるように~~

**韓国の風**
*ランキングに参加しています~クリック嬉しいです~(*'-'*)*
*クリックをお願いしますね~^^*FC2 Blog Ranking *クリックをお願いしますね~^^*人気ブログランキングへ

【 2016/04/12 (Tue) 】 *****CNBLUEtweet | TB(-) | CM(0)

*ジョンシンがtweet*




皆さんがくださったトロフィー!
ヨンファ兄さんとミニョクがいなくて残念だったけど..
1位ありがとうございます!

**韓国の風**
*ランキングに参加しています~クリック嬉しいです~(*'-'*)*
*クリックをお願いしますね~^^*FC2 Blog Ranking *クリックをお願いしますね~^^*人気ブログランキングへ

【 2016/04/12 (Tue) 】 *****CNBLUEtweet | TB(-) | CM(0)
*ようこそ~(*'-'*)*

**nabana**

Author:**nabana**
****************

韓国への旅や
韓国のドラマを通して
初めて知った
韓国の街や言葉~
韓国を身近に感じています(*'-'*)

**nabana**菜花~^^*
*新しい記事φ(。。;)*
*category~*
*気になる商品*
*rankingに参加しています*
*月別アーカイブ*
*来てくださった方ありがとう*
*お気軽にまた来てくださいね*
*今来てくださっている方*
*ごゆっくりしてくださいね*
現在の閲覧者数:
*このページを変換します*

全記事表示リンク
*QRコード*
QRコード
**nabana**へのメール*
*ご連絡等どうぞφ(。。;)*

名前:
メール:
件名:
本文:

*検索フォーム*