**韓国の風 한국의 바람 **

韓国への旅行・ドラマ・映画・OST等を通して 韓国の風を楽しんでいます~^^*
011234567891011121314151617181920212223242526272803

*CNBLUE、SBSで単独カムバックショーを開催“3月に放送予定”*


CNBLUEがSBSで単独カムバックショーを開く。
2014-02-06cn.jpg

6日、CNBLUEの所属事務所側はマイデイリーとの通話で
「CNBLUEがSBSで単独カムバックショーを開く。
2月末に収録を行い、3月に放送する予定だ。現在正確な編成の日付は決まっていない」
と伝えた。

また、この関係者は「カムバックショーはゲストは出演せず
CNBLUE単独で行われる予定だ」と付け加えた。

関係者によると、CNBLUEの単独カムバックショーでCNBLUEは全曲をライブで歌い
ニューアルバムの収録曲と以前リリースした曲のステージを披露する予定である。
これに先立ちSBSはBIGBANG、BoAのカムバックショーを放送したことがある。

2月にカムバックを予告したCNBLUEは
最近、ジョン・ヨンファの自作曲をタイトル曲に確定した。
CNBLUEは今回のアルバムを通じてCNBLUEならではの確固たるカラーを
見せ付けるという覚悟である。

元記事配信日時 : 2014年02月06日10時22分 記者 : ホ・ソルヒ
**韓国の風**
*ランキングに参加しています~クリック嬉しいです~(*'-'*)*
*クリックをお願いしますね~^^*FC2 Blog Ranking *クリックをお願いしますね~^^*人気ブログランキングへ

【 2014/02/08 (Sat) 】 *****CNBLUE | TB(-) | CM(0)

*CNBLUEtweet*





**韓国の風**
*ランキングに参加しています~クリック嬉しいです~(*'-'*)*
*クリックをお願いしますね~^^*FC2 Blog Ranking *クリックをお願いしますね~^^*人気ブログランキングへ

【 2014/02/10 (Mon) 】 *****CNBLUEtweet | TB(-) | CM(0)

*CNBLUE、新アルバムのタイトル曲名公開!ジョン・ヨンファの自作曲「Can't Stop」で2月末にカムバック*


2014-02-11cn.jpg

CNBLUEがニューアルバムのタイトル曲の曲名を公開し
カムバックへの期待感を高めた。

11日、CNBLUEの所属事務所であるFNCエンターテインメントによると
CNBLUEのニューアルバムのタイトル曲は
ジョン・ヨンファの自作曲「Can't Stop」で
アルバムのタイトルも同様に「Can't Stop」であるという。
CNBLUEが今回リリースする5thミニアルバムには計6曲が収録され
全曲がCNBLUEの自作曲だ。

CNBLUEは2013年からスタートしたワールドツアーからメキシコ、ペルー、チリなどで
開催した中南米ツアーまで、14ヶ国18都市で計20回の公演を大盛況の内に終了し
1月31日のチリ公演を最後に帰国し、カムバックの準備に乗り出した。

CNBLUEは2月末頃、韓国でカムバックする予定で
具体的なアルバムの発売日は現在調整中である。

一方、CNBLUEの新曲のライブステージは3月初めに
SBSで放送予定の単独カムバックショーを通じて公開される予定である。

元記事配信日時 : 2014年02月11日08時08分 記者 : チェ・ジイェ
**韓国の風**
*ランキングに参加しています~クリック嬉しいです~(*'-'*)*
*クリックをお願いしますね~^^*FC2 Blog Ranking *クリックをお願いしますね~^^*人気ブログランキングへ

【 2014/02/11 (Tue) 】 *****CNBLUE | TB(-) | CM(0)

*カムバック控えたCNBLUE、MV撮影現場の写真を公開“洗練されたスーツ姿”*


2014-02-10cn.jpg
ジョン・ヨンファの自作曲でカムバックするグループCNBLUEの
ミュージックビデオに関心が集まっている。

6日、CNBLUEの公式Facebookには
「CNBLUEは今ミュージックビデオの撮影中。もうすぐ公開」という書き込みと共に
ミュージックビデオの撮影現場で撮った写真が掲載された。

CNBLUEは洗練されたスーツ姿をアピールしながらカメラを見つめており
ファンの期待を高めた。

今回のアルバムでCNBLUEはジョン・ヨンファが作詞、作曲したタイトル曲を含め
全ての曲をメンバーたちが制作した。2月にカムバックし
約70分のカムバックショーで活動を開始する。

元記事配信日時 : 2014年02月10日09時00分 記者 : キム・イェナ


**韓国の風**
*ランキングに参加しています~クリック嬉しいです~(*'-'*)*
*クリックをお願いしますね~^^*FC2 Blog Ranking *クリックをお願いしますね~^^*人気ブログランキングへ

【 2014/02/11 (Tue) 】 *****CNBLUE | TB(-) | CM(0)

*CNBLUE&シム・ウンギョン「ランニングマン」に出演…ソウル市場一帯で撮影*


2014-02-10cnb.jpg

CNBLUEと女優シム・ウンギョンがSBS「ニュー!日曜日は楽しい-ランニングマン」
(以下「ランニングマン」)を撮影した。

10日、シム・ウンギョンの所属事務所であるBHエンターテインメントの関係者は
マイデイリーに「シム・ウンギョンとCNBLUEが現在『ランニングマン』を撮影している」
と明かした。

彼らの撮影に関するニュースは同日、各種オンラインコミュニティやSNSを通じて伝えられた。
彼らが「ランニングマン」のメンバーたちと一緒に韓国・ソウルの市場に現れ
偶然居合わせた人々が撮った写真がインターネット上に広まった。

シム・ウンギョンは最近公開した映画「怪しい彼女」で70代のお婆さんに変身し
若手俳優とは思えない自然なお年寄りの演技で高い評価を受けている。
CNBLUEは今月内にメンバーのジョン・ヨンファが手がけた曲でカムバックを準備している。

元記事配信日時 : 2014年02月10日18時02分 記者 : チョン・ヒョンジン





**韓国の風**
*ランキングに参加しています~クリック嬉しいです~(*'-'*)*
*クリックをお願いしますね~^^*FC2 Blog Ranking *クリックをお願いしますね~^^*人気ブログランキングへ

【 2014/02/11 (Tue) 】 *****CNBLUE | TB(-) | CM(0)

*CNBLUE カン・ミンヒョク&FTISLAND イ・ジェジン「母校の広報大使に任命され、嬉しい」*


2014-02-11cnbl.jpg
CNBLUEのカン・ミンヒョクとFTISLANDのイ・ジェジンが母校の広報大使に
任命された感想を明かした。

11日午後、ソウル弘恩洞(ホンウンドン)のデジタルソウル文化芸術大学で行われた
広報大使の任命式に、FTISLANDのイ・ジェジンとCNBLUEのカン・ミンヒョクが出席した。

この日カン・ミンヒョクは
「多忙なスケジュールの中でも授業だけは受けたいと思っていた。
大学側の配慮のおかげでワールドツアーなどの活動中にもオンラインとオフラインで
授業を受けることができて幸せだ」と、広報大使に任命された感想を明かした。

またイ・ジェジンは
「広報大使を務めることになり、本当に嬉しい。
このような場を設けていただいて感謝している。
これからも音楽はもちろん、学業にも専念する」と語った。

デジタルソウル文化芸術大学に11学番(2011年入学)で
在学中のカン・ミンヒョクとイ・ジェジンは
今回の任命式を皮切りに広報大使として活動する予定である。




元記事配信日時 : 2014年02月11日15時24分 記者 : キム・ジョンス、写真 : クァク・ギョンフン


**韓国の風**
*ランキングに参加しています~クリック嬉しいです~(*'-'*)*
*クリックをお願いしますね~^^*FC2 Blog Ranking *クリックをお願いしますね~^^*人気ブログランキングへ

【 2014/02/11 (Tue) 】 *****CNBLUE | TB(-) | CM(0)

*CNBLUE、カムバックを24日に確定!少女時代&2NE1 と激突*


バンドCNBLUEがカムバック日を24日に確定し、カムバックが秒読みに入った。
2014-02-13cn.jpg

所属事務所のFNCエンターテインメントは13日
「ジョン・ヨンファの自作曲であるタイトル曲『Can't Stop』で
カムバックを予告したCNBLUEが
音源とアルバムの発売を24日に確定した」と明らかにし
予告写真を公開した。

同日、午前0時にFNCエンターテインメントの公式ホームページと
CNBLUEのFacebookを通じて公開された予告写真には
ニューヨーク・ブルックリン橋の上を歩いているジョン・ヨンファ、イ・ジョンヒョン
カン・ミンヒョク、イ・ジョンシンのメンバー4人の姿が映っている。

CNBLUEのジャケット撮影はオールニューヨークロケで行われ
今回に公開されたニューヨークの写真第1弾は
日暮れのニューヨークの風景が盛り込まれた「Before Sunset in New York」
コンセプトの予告イメージである。
CNBLUEのニューヨーク写真第2弾「Before Midnight in New York」のイメージは
CNBLUEの公式Facebookを通じて14日0時に公開される予定だ。

最近14ヶ国18都市で開催した20回のワールドツアーを盛況の内に終えたCNBLUEは
バンドとしては初めて地上波放送で単独カムバックショーを放送し
オールライブのステージを披露する予定だ。
CNBLUEのカムバックショー「Can't Stop」は
来月2日午後12時15分にSBSで放送される。

元記事配信日時 : 2014年02月13日09時02分 記者 : ソン・ミギョン


**韓国の風**
*ランキングに参加しています~クリック嬉しいです~(*'-'*)*
*クリックをお願いしますね~^^*FC2 Blog Ranking *クリックをお願いしますね~^^*人気ブログランキングへ

【 2014/02/13 (Thu) 】 *****CNBLUE | TB(-) | CM(0)

*CNBLUE、SBS単独カムバックショーが3月2日放送確定!*


CNBLUEがSBSで準備したカムバックショー「Can't Stop」でカムバックする。
2014-02-06cn.jpg

SBSは12日、「CNBLUEのカムバックショー『Can't Stop』は
3月2日夜12時15分に放送時間が確定された。
デビュー5年目として破格の単独カムバックショーを決定した」と明かした。

約1年ぶりに5thミニアルバムで韓国活動を再開するCNBLUEのカムバックショーの収録は
22日にソウル上岩洞(サンアムドン)SBSプリズムタワーの
公開ホールで非公開で行われる予定だ。
カムバックショーのタイトルは、ニューアルバムのタイトルと同様に
「Can't Stop」で、メンバーたちが直接決めた。

CNBLUEがデビュー5年目であることを考えると、単独カムバックショーは
非常に異例の編成で
最近ワールドツアーを成功のうちに終えたCNBLUEの変化した地位を
実感させるところでもある。

また、全世界で愛されているK-POPの多様性にも一役買っている
バンドミュージシャンとして
CNBLUEの歩みは注目する価値があると放送関係者らは口をそろえる。

CNBLUEのカムバックショー「Can't Stop」では
これまで他の番組で見られなかったCNBLUEのメンバーのアーティストとしての
姿が公開される。
2010年、ミニアルバム「Bluetory」でデビューした直後からK-POPの中心に立つ
バンドとして最高の人気を博したにもかかわらず
ハンサムな外見と演技をするアイドルというイメージにより
相対的に注目されなかった彼らの音楽への情熱と悩みを深層的に見せる予定だ。

これはオールライブで行われるライブステージと真剣かつ率直に音楽を語る
ステージ裏の多様な映像を通じて確認できる。
今回のニューアルバムのタイトル曲「Can't Stop」を始め
アルバムに収録された5曲を作詞・作曲し、ストリング、ブラス
ボーカルディレクティングなどアルバム全体をプロデュースして
ミュージシャンとして生まれ変わったジョン・ヨンファの作業姿と共に
一段階成長したCNBLUEの音楽カラーの変化まで確認できる。

さらに昨年4月台湾を皮切りに
先月のバンド初の中南米ツアーまで10ヶ月間のワールドツアーの現場と
そのビハインドストーリーも独占公開される予定だ。

元記事配信日時 : 2014年02月12日08時38分 記者 : ホ・ソルヒ


**韓国の風**
*ランキングに参加しています~クリック嬉しいです~(*'-'*)*
*クリックをお願いしますね~^^*FC2 Blog Ranking *クリックをお願いしますね~^^*人気ブログランキングへ

【 2014/02/13 (Thu) 】 *****CNBLUE | TB(-) | CM(0)
*ようこそ~(*'-'*)*

**nabana**

Author:**nabana**
****************

韓国への旅や
韓国のドラマを通して
初めて知った
韓国の街や言葉~
韓国を身近に感じています(*'-'*)

**nabana**菜花~^^*
*新しい記事φ(。。;)*
  • 2014年02月
2014年02月10日 (月)
*CNBLUEtweet*
<< 前 次 >>
by AlphaWolfy
*category~*
*気になる商品*
*rankingに参加しています*
*月別アーカイブ*
*来てくださった方ありがとう*
*お気軽にまた来てくださいね*
*今来てくださっている方*
*ごゆっくりしてくださいね*
現在の閲覧者数:
*このページを変換します*

全記事表示リンク
*QRコード*
QRコード
**nabana**へのメール*
*ご連絡等どうぞφ(。。;)*

名前:
メール:
件名:
本文:

*検索フォーム*