topimage

2017-04

*千秋太后(チョンチュテフ)* - 2012.11.14 Wed


2009年1月3日から同年9月27日まで韓国で放送された千秋太后(チョンチュテフ)は
実在の千秋太后(献哀王后、第7代高麗王穆宗の母)を主人公とした
高麗時代の時代劇ドラマで全80話からなる壮大な超大作な見応えある歴史ドラマでした~

918年 太祖王建(ワンゴン)が高句麗の国土を奪回すべく建国した国・高麗。
998年 勢いづいている契丹が80万の兵を率いて高麗に攻め入りました。
領土の割譲を要求した契丹に対し、言いなりになろうとする高麗国王の兄・第6代成宗と
抗戦を望む太祖王建の孫娘で第5代国王の妃でもあった妹のファンボ・ス(千秋太后)
ファンボ・スは、第5代国王との間に後に第7代国王となる子・穆宗を生み
国王である兄の意向に背き、太祖王建の理想を実現するためと
息子を守るために、血塗られた戦いの先頭に立つんですね~
この戦いに望む姿がかっこいいんですね~
理想のためにいろんな愛を失ってでも
大帝国高麗という夢を手放すことが出来なかった英雄の千秋太后の
波乱に満ちた生涯を描いています~

太祖王建の孫娘で第5代国王・景宗の妃であり
第6代国王成宗の義理の妹で、第7代国王 穆宗の母親となる
千秋太后 ファンボ・ス(チョンチュテフ)をチェ・シラが演じてます。
海神の独特なるファッションを披露しきついイメージのチェ・シラとは
また違って 楽しめました。

新羅王族の子孫で新羅の復興を夢見る父の政敵に母を暗殺され
父も失い両親と同じ理想をもつ部族の元で育ち
新羅の復興を親を殺された無念を晴らすために
高麗滅亡を企みファンボ・スに近づくが、不覚にも彼女を愛してしまうという
キムチヤン役にキム・ソンフン

高句麗を引き継いだ渤海の名武将の孫で
父もまた定安国の名武将となるが、反乱により殺され
高麗に逃げのびるが、収容所に収容されてしまい
高麗王に会うために暴動を起こす。そこで
まだ幼少のファンボ・スと運命的に出会い
以後千秋宮に武官として入った日から
命をかけてファンボ・スを守り続けるという
カン・ジョ役にチェ・ジェソンが演じています。
チェ・ジェソン~どこかで観たことがって思いだそうとしていたんですが
「犬とオオカミの時間」に出演していましたね~

どの歴史ドラマを観ても
王室とは幸せとか華麗とか程遠い~~~考えさせられますよね~
見応えある大作でした~



**韓国の風**
*ランキングに参加しています~クリック嬉しいです~(*'-'*)*
*クリックをお願いしますね~^^*FC2 Blog Ranking *クリックをお願いしますね~^^*人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

*ようこそ~(*'-'*)*

**nabana**

Author:**nabana**
****************

韓国への旅や
韓国のドラマを通して
初めて知った
韓国の街や言葉~
韓国を身近に感じています(*'-'*)

**nabana**菜花~^^*

*新しい記事φ(。。;)*

  • *千秋太后
by AlphaWolfy

*category~*

*気になる商品*

*rankingに参加しています*

*クリックをお願いします*

FC2Blog Ranking *クリックをお願いしますね~^^*FC2 Blog Ranking クリック^^*~人気ブログランキングへ

**************

韓国のホテル探しなら~

ザプラザのクチコミ

*links~訪ねてくださいね~*

+*さくさく散策*+ +*さくさく散策*+

*sweetcandy 菜花**sweetcandy 菜花*

*うふふっ!**うふふっ!*

**ふらり****ふらり**

GARAKUTA置き場GARAKUTA置き場

ひこーき雲に乗せてひこーき雲に乗せて

のんびりいこ~ぜ!のんびりいこ~ぜ!

  • 管理画面
  • このブログをリンクに追加する

    *最近のcomment (o^-')b *

    *ありがとうございます*

    *月別アーカイブ*

    *来てくださった方ありがとう*

    *お気軽にまた来てくださいね*

    *今来てくださっている方*

    *ごゆっくりしてくださいね*

    現在の閲覧者数:

    *このページを変換します*

    全記事表示リンク

    全ての記事を表示する

    *QRコード*

    QRコード

    지금 몇 시?

    **nabana**へのメール*

    *ご連絡等どうぞφ(。。;)*

    名前:
    メール:
    件名:
    本文:

    *検索フォーム*