*2009 ロスト・メモリーズ~* 

2008, 07. 21 (Mon) 00:11



韓国で2002年2月に公開されたチャン・ドンゴンと中村トオル主演の

SFアクション映画

「2009 ロスト・メモリーズ」を観ました~

日本では2004年3月に公開されてて

観たかったのにずっと機会を逃してました~。


1909年,ハルピン駅でアン・ジュングン(安重根)による

朝鮮統監伊藤博文暗殺が失敗に終わっていたら~

そして~

第2次世界大戦で日本が勝利したとすれば

世界の歴史はどうなっていたかという見地で始まります~



映画では朝鮮半島は日本に併合されたままで

ソウルは,日本の第3の都市になっている。

1988年のオリンピックが名古屋で開かれ,

2002年ワールドカップは日本単独で開催したというような設定に~~。



2009年なのに仲村トオルとその奥さんと子どもは

花火を見るのに袷の着物に羽織を着てる~

奥さんは毎日お着物を~それも若いのにとっても地味で~

着物の着方もちょっと垢抜けない~

この住まいとなっている日本家屋は長野の寺院で

ロケをしたようです~



そういったことで少し違和感もあるのだけれど

楽しんで観られればいいかと~~

それにSF映画なんだから

理解しがたいこともあるわけだし~

今までにあまり韓国映画ではSFは撮られてないんだそうです~



チャン・ドンゴンの日本語~上手でした。

撮影前に日本語の台詞を仲村トオルにお願いして

録音したもらったテープを聞いたり~

凄い練習を重ねたらしい~ずいぶん練習した成果が出ていたと思う~

セリフの中で財団って言葉が多く出て来るんだけれど

韓国語で「ザ」と言う発音がないので

どうしても「ジャ」になってしまうんですよね~

そんな内容とは関係のない見方もしたりして~。



アクション映画なのでハラハラドキドキ感もあり~
チャン・ドンゴンと中村トオル~素敵な演技でした~




SFと言えど~日韓の歴史の上に描かれているテーマなので

胸が痛みますよね~。

最後の力を振り絞って戦うテロリスト達~

胸がほんとうに痛いです~





現実の世界では
銃の世界~人と人が戒めあう~絶対あってはならないことですね。







*ランキングに参加しています~クリック嬉しいです~(*'-'*)*

*クリックをお願いしますね~^^*FC2 Blog Ranking

スポンサーサイト